全世帯太陽光発電になればいいのに

何故人はもっと、自然の力を利用しないのでしょう。お金儲けにならないからでしょうか?夏の日差しをもっともっと利用出来たら、無駄な電気代も払わなくてすみます。

例えば、夏のクーラー、太陽が電気を作ってくれるから、電気代気にせずクーラーがんがんかけられます。お風呂だってガスや湯沸かし使わなくてもあたたかいお風呂に入れます。電気だって太陽エネルギーをためておいたら、夜の明かりにもなります。何よりも自然で、放射性物質なんて問題にもならなくなる時代がきてほしいものです。

人里離れた場所に住んでいたら、電線を通さなくても、自家発電で生活していけます。電線がなくなれば、景観がかわります。景観が変われば、観光客も増えるのではないでしょうか?

しかし、問題がないわけでもありません。密集したマンション暮らしの人に太陽光発電の元になる工事を屋上にしても、まかないきれるんでしょうか。日蔭の家に住んでいる人はどうでしょう。大きな工場で、電気を沢山つかうところは、太陽光発電だけで工場をうごかせるんでしょうか。

太陽光発電のエネルギーをためて、各家庭に送る事はできるのでしょうか。そしたら電線はいるようになります。電線がいっても、太陽光で各家庭に電気が送れるなら、各家庭ごとに工事をしなくても良くなります。

太陽光発電に使われるパネルのようなものは、地震の時に危険な感じもします。屋根から落ちてきたりしたら、大惨事になるかもしれません。全世帯が太陽光発電になるには、まだまだ問題が山積みのような気もします。
いずれにしても、個別世帯の日当たり良好な世帯は、もっと太陽光発電にしてもいいのかなと思います。
最近は、電気も自由化になりました。どの電気を選ぶかは、各世帯の判断に任せられた時代です。
節約の為にも、エコの為にも、太陽光発電はこれからは増えていくと思います。

自然と人間がうまく共存していくためにも、太陽光発電は各世帯に、もっと浸透していってほしいです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です