太陽光発電を設置するのに適している家適していない家

これから太陽光発電を導入しようと思っている人もいると思いますが、自分の家が太陽光発電を設置するのに適しているのかどうかわからないという人もいると思います。太陽光発電を設置してから失敗したということがないように、設置するのに適している家適していない家について説明したいと思います。

太陽光発電を設置するのに適している家は、まず南向きに太陽光パネルを設置できる家です。太陽光発電は、当然のことながら日光をエネルギーとするので日光の受光時間が長くないと効果を十分に発揮することができません。南向きだと十分な受光が得られるので、太陽光発電を設置するのに適している家と言えます。ただ、東向きや西向きでも南向きよりは発電量が落ちてしまいますが、屋根の傾斜などによっては南向きに近い発電量を得ることができます。最悪なのは北向きです。北向きだと南向きの家に比べて30パーセント以上も発電量は減少してしまう場合がほとんどです。北向きにしか太陽光パネルを設置できないのであれば太陽光発電は利用しないほうが賢明です。

次に、屋根の角度が30°の傾斜の家も太陽光パネル設置に適しています。日本の緯度の関係から、大体30°前後だと日光を効果的にパネルに取り込むことができて発電量が増えるからです。そのほかでは、屋根が平面で大きく広い家も太陽光パネル設置に向いています。屋根が小さかったり、凸凹していてあまり多くの太陽光パネルを設置できないという場合はあまり設置に向いていないので業者さんに相談したほうがいいでしょう。また、これらの最高の条件が整っていたとしても、自分の家の前に高い建物が建つ予定があったりすでに建っているのであれば、太陽光パネルが日光を十分に受光できませんから太陽光パネルの設置には向いていません。

太陽発電を設置するのに適している家適していない家であったとしても、業者さんによっては対応によって設置場所が良くなくて思ったように発電量が伸びなかったり、反対に工夫することで上手に発電量を増やすことができる場合があるので、まずは優良な太陽光発電業者さんに相談してみることをおススメします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です