なぜ太陽光発電が必要なのか

発電方法にはさまざまなものがありますが、最近は特に太陽光発電に熱い視線が注がれています。では、なぜ今太陽光発電が注目を集めているのでしょうか。

現在の日本において発電の主力は火力発電です。私たちはこれまで火力発電によって安定した電力の供給を受けながら、たいへん便利な生活を送ってきました。しかし、火力発電に使用する化石燃料には限りがあります。さらに燃料の燃焼によって生じる多量の二酸化炭素が、地球の温暖化の原因になっていると指摘されているのです。

それと比較すると、太陽光発電は太陽がある限り発電を継続することができます。そして火力発電のように二酸化炭素を排出することもないため、地球環境にとっても非常に優しい発電方法だといえるのです。

現在の日本で火力発電に次いで主力となっている発電方法といえば、やはり原子力発電でしょう。しかも火力発電とは違い、原子力発電は二酸化炭素を排出しません。そしてそのことを理由にクリーンエネルギーと呼ばれていますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

原子力発電なら確かに二酸化炭素は排出しませんが、発電所が大きな事故に見舞われるようなことがあれば、それ以上の損害が出てしまう可能性もあります。その点太陽光発電なら、万が一発電機器に異常が生じたとしても、損害といえばせいぜい発電が停止してしまうことぐらいです。以上の面から考えても、太陽光発電の安全性は非常に高いといえるのではないでしょうか。

現在の私たちの生活は、電力によって支えられているといっても過言ではありません。もしも送電がストップすれば、夜は暗闇の中で過ごさなければなりませんし、食事をするのもままならなくなるでしょう。だからこそ、私たちは発電についてもっと真剣に考える必要があるのではないでしょうか。

太陽光発電は、燃料問題と環境問題を同時に解消してくれる発電界の切り札的存在です。現在よりもさらに安定した発電量を実現するにはまだ時間がかかるかもしれませんが、その研究に十分時間をかける価値のある発電方法だともいえるでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です