失敗しない太陽光発電のシミュレーション

太陽光発電は今でも多くの方が注目し企業用だけでなく一般家庭で導入が進んでいますが、設置にかかる初期費用が高額になるため、中々気軽な買い物では無いことも事実です。

しかし、太陽光発電は車やその他のリフォームなどの消費を前提とした買い物ではなく、将来的に利益を生み出す生産財という扱いになります。そのためただ資産価値が目減りしていくだけのものではないので、普通の買い物の考え方とは違った見方が必要になります。

こうした特殊な事情を考慮し、太陽光発電ではシミューレーションを多くの方が行っています。自宅の屋根に設置した場合の費用や将来的な節約率や利益などをトータルで計算し、損得をはじき出します。

こうしたシミューレーションは消費者が最も知りたい「元が取れるのか」という疑問に応えることが出来るので、非常に重宝されるのですがシミューレーションはあくまでも事前に予想できる範囲のものなので、実際の数値とは大きく乖離することがあります。太陽光発電の設置を失敗しないためにはシミューレーションは必須ですが、シミューレーションを失敗しないためには屋根に注目する必要があります。

シミューレーションと実際の数値に差が生まれてしまう大きな原因の一つが家庭ごとに異なる屋根の形状です。屋根の形状によって設置出来る太陽光パネルのタイプや面積などが全く異なりますが、これらの差が後のシミューレーションと実数値との差となってしまいます。そのためシミューレーションを行うためには、どんぶり勘定になりがちな簡易的なものではなく、専門家に自宅の屋根を入念に調査してもらった上で行うことをおすすめします。

さらにこうした専門家による調査では、屋根の形状はもちろん家計に占める電気料金の内訳や住宅の周囲の環境など総合的に考慮した上でかなり正確にその後の費用や収入を算出することが出来ます。

初期投資が高額で、さらん回収期間も長期的な目線が必要になるため細かな点まで意識することは難しいですが、事前に正確なデータでシミューレーションをすることで、太陽光発電にまつわる多くの失敗を事前に回避することが出来ます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です