太陽光発電システムの設置に適した地域の調べ方

太陽光発電に適しているのは、年間を通して比較的天候が安定しており、日照時間の長い地域です。太陽光発電システムによって電力を作り出す為には、太陽の光が不可欠だからです。年間を通して比較的曇天や雨天が多い地域や冬は雪に閉ざされてしまう地域では、どうしても日照時間が短くなってしまい、発電量も少なくなってしまいます。

もちろんそれでも自然エネルギーを利用した発電は可能ですが、一般家庭で太陽光発電システムを導入する際は、余剰電力による売電収入も見込んでいるはずです。より多くの発電を行わないと売電収入も増えなくなってしまう為、年間の日照時間は非常に重要なポイントとなります。

雪国の場合は、どうしても冬季の日照時間が短くなります。何日も空が厚い雲で覆われてしまうと、性能の良いソーラーパネルでもなかなか発電量は増えません。

しかし、冬季も比較的天候が良く、晴天の多い地域なら太陽光発電システムの設置には適していると言えます。とはいえ、自身が住んでいる地域が全国的に見て日照時間が長いかどうかは、意外と判断出来ないものです。他の地域に住んだことがあれば比較対象がありますが、そうでないと客観的なデータが欲しくなるのではないでしょうか。

インターネット上には、全国の中で日照時間の長い地域を紹介するサイトもたくさんあります。こうしたサイトで自分の居住地域の日照時間を調べると、太陽光発電システムの設置に適しているか否か分かるでしょう。また、全国の太陽光発電システム利用者たちが実際の発電量を報告しているサイトも多数存在しています。

こうしたサイトで自分の居住地域の利用者の報告データを見てみると、実際にどのくらいの発電が見込めるのか予想しやすいです。

もちろん実際の発電量は家屋の向きや立地環境、設置されているソーラーパネルの枚数等によっても変わってきますが、一つの目安として非常に参考になります。太陽光発電システムの導入を検討している方は、まずは自分の居住地域が太陽光発電に向いているかどうか調べてみると良いでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です