太陽光発電でオール電化

我が家は、東日本大震災を機に太陽光発電を取り入れることにしました。

それまでは電力を電力会社から購入していましたので、環境にも経済的にも良くなったのかなと思っています。

太陽光発電のメリットは、何と言っても安心感を得られるという点ですね。先の震災のような事態に遭遇したとしても、自力で発電をすることが出来るわけですから電力に関しては不自由はしません。カーポートでも太陽光発電が可能なのです。

現代社会は何においてもまず電力の確保が最優先となりますから、太陽光発電で電力が得られるという安心感は何にも代えがたいものとなっていますね。また、余剰電力は買い取ってもらえるので本当に助かります。

我が家の太陽光発電も、発電量が自分たちで消費するよりも多いため余剰の電力が発生します。この電力は売電という形で提供しているのですが、これが月額で1万円を超えるのでちょっとした収入になっています。

まだ子供が小さいので、これは将来的な教育資金に充てようと考えています。やはり教育面にもお金をかけなくてはいけませんから、こうした小さな収入であっても本当に助かります。

そして何と言っても、月々の電気代がかからないのが良いですよね。これまでであれば、「電気代がかかるから止めよう」と思っていたことも問題なく継続することが出来ます。

自分たちで発電をしているわけですから、仮に無駄遣いをしたとしても罪悪感はそこまで感じません。何よりも二酸化炭素を排出していませんからね。こうした環境面に配慮した発電方法というのも、私の中では喜びとなっています。

なお、想像以上に発電効率が良いことを実感しましたので、妻と相談の上でオール電化の家にリフォームしてしまおうかと検討しています。

リフォーム代は決して安いものではありませんが、これが実現できれば光熱費は水道代くらいしかかからなくなります。その際にはさらにソーラーパネルを追加するかもしれませんが、余れば売電すればいいと考えているので気楽に考えていますね。何にしましても、太陽光発電は心に余裕を得られますからおすすめですよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です